学術文庫をひたすら紹介し、称賛し合う特別イベント【講談社学術文庫・感謝祭】ファンが勝手にやっちゃいますスペシャル!!

「リーディング・テーブル読書会」を主催。特別イベントも展開中
参加申し込み

別のサイトに移動します。

長らくお待たせしました!
企画紹介したけれど、ずっと塩漬け状態だったあの企画。
遂に遂に実現できることになりました。

その名も「講談社学術文庫・感謝祭」。

講談社学術文庫をひたすらオススメ紹介し合い、
ひたすら称賛し合う読書会です。

つまり、学術文庫ファンの、
学術文庫ファンによる、
学術文庫ファンのためのスペシャルイベントなんです。

参加者一人ずつ、学術文庫を1冊紹介。
その本をひたすら称賛するだけ。

といっても、
一人一回の紹介では終わらせません。
時間の許す限り、全体の紹介順をグルグル回していきます。

もちろん持ちネタが切れたら、
無理に紹介することはありません。
(次の順番の方にスルーしていくことになります)

この形式(リーディング・テーブル方式と呼んでいます)の良いところは、沢山の本を紹介したい方はそれなりに。
そうでない方もそれなりに、
個人ごとにアレンジできる点にあります。

さらにもう一つ大きなメリットが。
それは・・・・、
「他の人の紹介を聴いているだけでも楽しい!」。
つまり「聴き専」の方々も、
より楽しめる方式なんです
(数多ある未知の本との出会いがデザインされているから)

なので、持ちネタが少なくても安心してください。
むしろ、「紹介する楽しさ」と「聴く楽しみ」。
両方ゲットできるので、むしろお得企画でもあるんですよ。

そのようなわけで、学術文庫ファンも、
そうでない人もぜひ遊びに来てください!
こんな本があったのかという、
発見・驚き・喜びにあふれるはずです。

最後にひとこと。
​学術文庫は装丁もカッコいい〜!!

イベント情報

開催日時
2023/01/29(日) 15:00~17:00
開催場所
オンライン開催(Zoomミーティングルーム)
主催者の性別
男性
主催者の年代
40代

読書会関連のおすすめ本!

読書会という幸福

出典:amazon.co.jp

向井和美『読書会という幸福』

ありふれた日常の中で、読書という行為がどれほどの豊かな時間を与えてくれることか。三十年以上、全員が同じ作品を読んできて語り合う会に途切れることなく参加してきた著者が、その「魂の交流の場」への想いを味わい深い文章で綴る名エッセイ。読書会の作法やさまざまな形式の紹介、潜入ルポ、読書会記録や課題本リストも。

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから