【飲み会×今年のベスト本紹介】阪急中津駅から徒歩2分!元古民家で飲みながら読書会☆【20代、30代】

居心地のいい「まちライブラリー中津ぱぶり家」で読書会
参加申し込み

別のサイトに移動します。

お酒を飲みながらまったり今年良かった本の話をしませんか

居心地のいい元古民家の「まちライブラリー中津ぱぶり家」で実施します☆  

 ●今年読んだ中で一番お勧めの本

 ●今年出たばかりの話題の新作

 ●名作だけど今年はじめて読んだ本

 ●昔からなんども読んでいるけど今年もやっぱり1番すきな本 

などなど・・・

1人1~2冊持ち寄って今年読んだ本のふり返りをしませんか?

本の話をしたり聞いたりしながら、お酒を飲みながら楽しみましょう(^^)/

読書の話を通じて気の合う仲間とも出会えるかも?!

今までに中津ぱぶり家読書会に参加いただいた方も、初めてご参加いただく方も大歓迎です!
(飲めないけど参加したいという方はソフトドリンクでも大丈夫ですよ★)

※宗教勧誘、ネットワークビジネス関連の方はご遠慮ください。




【 概要 】
日程:12月17日 18時〜20時

参加費:2,000円 (当日現金またはpaypayでご用意ください)

持ち物:①今年良かった本(1~2冊程度)②お飲み物とおつまみ(※自分の分だけで大丈夫です)
ぱぶり家でも乾杯のお飲み物と軽食をご用意させていただきます

場所:中津ぱぶり家 https://sites.google.com/site/nakatsu3chome/library
阪急中津駅から来られる場合は、東出口から出て中津商店南側(阪急中津駅に近い側)から入って左手3軒目です。商店街の中にあります。
ぱぶり家の前に立てた看板が商店街の入り口から見えるようにしています。目印にしてください☆

靴を脱いで座布団に座るスタイルです。冬はストーブを焚いています。


【 その他 】
・途中入退出可能です。遅れる場合はご連絡ください。

・宗教勧誘、ネットワークビジネス関連の方はご遠慮ください。

・別の媒体でも募集しているため、残席がある状態でも締め切させていただく場合がございます。



【 Q&A 】
Q.1人参加でも大丈夫でしょうか?
A.今までご参加いただいた方はみなさま一人参加なので大歓迎です。お気軽にお越しください!

Q.こういったイベントに参加するのは初めてで、どんなテンションで参加したらいいですか?
A.本の話題をきっかけに新しい方と交流できるイベントとして運営していますので、会話を楽しみつつ、新しい方との出会いを楽しみに来ていただけたら良いかと思います☆

Q.会場はどんなところですか?
A.商店街の中にある元古民家の1階と2階を貸し切りしています。普段はコミュニティー・スペースとして趣味の集まりやイベントが開かれており、利用者がつくる図書館「まちライブラリー」(無料で閲覧・貸し出しができます)としても開放されています。人と人との交流や相互理解を促し、地域の活性化に貢献することを目指している場所です。

Q.参加者は何人くらいになりますか?
A.運営を抜いて最大で14名の参加です。

Q.キャンセルしたい場合はどうしたらいいですか?
A.イベントページからキャンセルを申請ください。

上記以外でもご不明な点などありましたらお気軽にお問い合わせください♪
meeting.bookcafe@gmail.com  (meeting.bookcafe事務局)

【 主催者 】

2人で運営しています。
◆30代女性です。読書会巡りをしていた時にネットワークビジネス関係の読書会に当たってしまったことがあり、自分で主催したら安心安全な読書会を開催できるのではと思いたちました。
本屋さんで平積みになっている本やAmazonから次々オススメされる本、本の中で紹介されていた本などいろいろ読みます。
イベントを通じて皆さまにとって素敵な出会いがあれば嬉しいです♪

◇20代女性です。読書と旅行が趣味で思い立ったら1人でもふらっとで出かけます☺︎
幼稚園の頃から生粋の図書館っ子で、住む場所を決めるときは近くに図書館があるかをチェックします。
今年からフリーランスとなり人と話す機会が減ってしまったので、いろんな人が出会える場所があったらなとイベントを開催しています。

イベント情報

開催日時
2022/12/17(土) 18:00~20:00
開催場所
大阪府大阪市北区中津3丁目18-22
主催者
bookcafe事務局
主催者の性別
女性
主催者の年代
30代

読書会関連のおすすめ本!

読書会という幸福

出典:amazon.co.jp

向井和美『読書会という幸福』

ありふれた日常の中で、読書という行為がどれほどの豊かな時間を与えてくれることか。三十年以上、全員が同じ作品を読んできて語り合う会に途切れることなく参加してきた著者が、その「魂の交流の場」への想いを味わい深い文章で綴る名エッセイ。読書会の作法やさまざまな形式の紹介、潜入ルポ、読書会記録や課題本リストも。

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから