【第七回】カムクワット読書会【坂上秋成「陽炎のほとり」『文學界 2022年8月号』】

一緒に新刊小説の単行本、文芸誌を読みましょう!
参加申し込み

別のサイトに移動します。

わたしの印象では著者である坂上秋成さんは多彩な作家です。小説デビュー作品の『惜日のアリス』は、書きたいことが書けない若者の苦しさや女性同士の生活、傷つきながら生きることの難しさを丁寧に描いていました。

その後もジャンルの異なる作品を書き続け、時にはライトノベルや青春小説、時にはノベルゲームの批評、人気漫画のノベライズを出版しています。
今回掲載された作品は、久しぶりの文芸作品だと思います。

今後も期待の作家さんの作品を一緒に楽しみましょう。

イベント情報

開催日時
2022/08/06(土) 11:00~12:30
開催場所
渋谷駅 桜ケ丘付近の喫茶店
主催者の性別
男女ともいる
主催者の年代
~20代

読書会関連のおすすめ本!

読書会という幸福

出典:amazon.co.jp

向井和美『読書会という幸福』

ありふれた日常の中で、読書という行為がどれほどの豊かな時間を与えてくれることか。三十年以上、全員が同じ作品を読んできて語り合う会に途切れることなく参加してきた著者が、その「魂の交流の場」への想いを味わい深い文章で綴る名エッセイ。読書会の作法やさまざまな形式の紹介、潜入ルポ、読書会記録や課題本リストも。

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから