【朝活×読書会】神田古書店街でオススメの本をシェアしよう。

神保町にはどれだけの数の世界が封じこめられているのだろう
参加申し込み

別のサイトに移動します。

日本最大の古書店街で読書会をしよう!

『人は読んだ本のような人間になる』
学生時代に読んだ本の中にあったフレーズです。

誰一人として、自分と全くの同じ本棚を持つ人はおらず、その読書歴は一人一人全く異なります。

読書会は、本を通じてその人の人間模様が伺える、実に趣深い会だと思います。

本を通じて沢山の人と仲良くなろう!

普段から読書をしている方
読書習慣を身に付けたい方
最近本を読んでないと気にしている方
読む本に偏りが出てきた方
小説や漫画をよく読む方

『どなたもどうかお入りください 決してご遠慮はいりません』
をモットーに、ゆるく、楽しく、時に真面目にやって参ります(笑)

スケジュールとしては、
10:00に神保町に集合し、近くのカフェにて読書会をします。

なぜその本が響いたのか
普段どんな本を読むのか
好きな著者の話
(自称)読書家の悩み事
印象に残ったフレーズ

などなど、皆さんでお話しましょう!

イベント情報

開催日時
2022/06/12(日) 10:00~12:00
開催場所
神保町 古書店街
主催者の性別
男女ともいる
主催者の年代
~20代

読書会関連のおすすめ本!

読書会という幸福

出典:amazon.co.jp

向井和美『読書会という幸福』

ありふれた日常の中で、読書という行為がどれほどの豊かな時間を与えてくれることか。三十年以上、全員が同じ作品を読んできて語り合う会に途切れることなく参加してきた著者が、その「魂の交流の場」への想いを味わい深い文章で綴る名エッセイ。読書会の作法やさまざまな形式の紹介、潜入ルポ、読書会記録や課題本リストも。

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから