【第135回】アウトプットを鍛えよう!オンライン朝活 読書会

いろんな本に出会えるのであなたの「楽しい」がきっと見つかる!
<概要>

【こんな悩みはありませんか?】

「全てのビジネスパーソンにとって本を読むことは大切だ」
あなたも一度は聞いたことがあると思います。

そう聞いて本を読んではみたものの
「読んでも内容を忘てしまう」
「読んでも何も変わらない」
と感じていませんか?

本は読むだけでは意味がありません!
自分のものにするためには、記憶に定着させてアウトプットをしなければなりません。

アウトプットの方法はいくつかありますが、その中で最も簡単にできるのは「人に話をする」ことです。

しかし、アウトプットを鍛えたいと思っていても「話をすることに自信がない」ため挑戦できないという方も多いと思います。

そんな方は「まずは話し方のスキルを磨こう!」と考えて、セミナーに参加したりすることが多いです。

ですが、スキルを先に学ぶと「学んだスキルがうまく使えてる気がしない」問題が起きるケースが非常に多いです。

なぜそんなことになるのでしょうか?


【スキルから学ぶのがダメな理由】

先ほどお伝えした通り、話すことが苦手な方は、最初にスキルを身につけようとします。

学んだスキルを身につけるには、何度もスキルを使い、自分の使いやすいようにアレンジしていかなければなりません。
そこまでできて、スキルはようやく自分のものになります。

しかし、話すことに自信がない状態でスキルを身につけようとすると、身につけるまでの失敗を自分の才能の問題と考えて諦めてしまう人が多いです。

すると、
「自分には敷居が高いスキルだったんだ」
「やっぱり自分は話すことが苦手だ」
と、自己否定をしてしまいます。

そのため、先に身につけなければならないのはスキルではなく「自信」なのです!

話すことの苦手意識から解放されて、初めてスキルを学ぶ準備が整います。
大切なことはアウトプットを繰り返して慣れていくことです。


【読書会に参加するとどうなるの?】

何度も話すことが大切とお伝えしましたが、それを実践する「環境選び」は重要です。

もし他人の発言を否定・批判する環境だと、自己肯定感が下がってしまうからです。
そのため、否定されない環境を選ばなければなりません。

この読書会では他人の発言を否定しないことをルールとし、アウトプットしやすい環境にしています。
そんな環境でアウトプットを行うことで、自己肯定感が上がり、アウトプットの苦手意識がなくなります。

すると、自分のアウトプットをよくするにはどうすれば良いのかを考えるようになり、スキルも身につくようになります。

また、余裕が出てくると他の参加者が読んでいる本も気になるようになります。
当然、参加者により好きなものや興味があることが違います。

そのため、自分が普段読まないような本を知ることができます。
そこから新しく興味が持てることや趣味が見つかります。

自分の「好き」や「興味」を見つけるための場所としてもご利用ください!


<当日の準備>

当日はその場で本を読みますので、本の準備をお願いします。
小説、自己啓発本、漫画、絵本、一度読んだ本、途中まで読んでいる本など、もちろん電子書籍でも問題ありません。
ただし、読書時間が時間が30分なので、短すぎる本は時間が余るかもしれません。


<読書会のルール>

・人の感想・意見を否定しない(絶対厳守!)
・人の発表後は拍手する
 拍手を受けることで自己肯定感が上がり、自信につながります。


<アウトプットのこつ>

・うまく話そうとしない
 うまく話そうとすると緊張して逆にうまくできなくなります。ありのままの自分で発表してみましょう。

・詰め込みすぎない
 人は多くの情報を一度に覚えることができません。詰め込みすぎは注意しましょう。時間も少ないですしね!

・本を読む目的を設定する
 目的を設定すると、その目的に合った場所が記憶に残りやすいです。読む前になぜこの本を読むのかを考えてみてください。


<スケジュール>
全体時間:75分程度

1. アイスブレイク(5〜10分)
 (自己紹介・日替わりトーク・読む本の簡単な紹介)
2. 読書タイム(30分)
3. 発表タイム(5分〜10分[1人])
4. 質疑応答、その他情報提供など(時間が余れば)


<こんな方にオススメ>
○アウトプットの練習をしたい
○読書が好き
○学びを得たい、深めたい
○自分を変えたい
○自信をつけたい
○新しい活動を始めたい
○楽しいことが好き

イベント情報

開催日時
2021/12/04(土) 08:00~09:15
開催場所
オンライン(Zoom使用)
主催者
かずき
主催者の性別
男性
主催者の年代
30代

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから