『危険社会』読書会(12月スタート)

科学と社会の関係を考えるために読んでみませんか?
【読む本】
『危険社会』 ウルリヒ・ベック [著] ; 東廉, 伊藤美登里訳, 法政大学出版
【日程】
参加者の希望で決めます。曜日と時間帯の希望を募り、だいたいその時間帯で毎月、日程調整します。
【頻度】
だいたい1か月に1回、1章ずつ。1回 1時間目標(+最大30分くらい)
【開催方法】
Zoom(連絡手段はDiscord)
【やり方】
一章ごとに紹介担当者を決めて、各回で担当者が紹介する。
※紹介が難しい方は、担当しなくてOKです。できる人が紹介するようにします。
【読書会の流れ】
zoomで集まる→担当者が該当箇所を紹介、感想・疑問点があれば話す→全体議論
【対象者】
どなたでもOKです。初心者の方も歓迎ですし、専門の方でもう一度読んでみたいという方も歓迎です。
【参加方法】
ご連絡いただければ、こちらからDiscordのグループを作って招待します。11月中くらいにご連絡いただけると嬉しいです。
【開始時期】
参加者で顔合わせをしてから開始になるので、読み始めるのは早くても12月中旬あたりかなと思います。

開催予定イベント

開催予定イベントはありません。

以前開催したイベント

以前開催したイベントはありません。

読書会の写真(0)

まだ読書会の写真はありません。

コメント(0)

この読書会に参加した感想を投稿しよう。

読書会関連のおすすめ本!

読書会という幸福

出典:amazon.co.jp

向井和美『読書会という幸福』

ありふれた日常の中で、読書という行為がどれほどの豊かな時間を与えてくれることか。三十年以上、全員が同じ作品を読んできて語り合う会に途切れることなく参加してきた著者が、その「魂の交流の場」への想いを味わい深い文章で綴る名エッセイ。読書会の作法やさまざまな形式の紹介、潜入ルポ、読書会記録や課題本リストも。

読書会情報

地域
オンライン
開催場所
Zoom
時間帯
話し合って決めます
主催者
himicy
主催者の性別
男女ともいる
主催者の年代
~20代