2/17(土)第225回ええやん朝活読書会<テーマ:ブックポーカー>@神保町

読書会で新しい「1日」「本」「自分」との出会いのきっかけを
参加申し込み

別のサイトに移動します。

今回の読書会では約2年ぶりに本の推理ゲーム「ブックポーカー」を開催します!
「ブックポーカー」とは参加者同士が持ち寄った本を公開せずにお互いに紹介しあって、それぞれがどの本を持ってきたのかを当て合うゲームです。

ゲームの流れとしては
①主催者にそれぞれ本を預ける
②参加者同士でお互いが持ってきた本に関して質問しあってヒントを集める。(作者、タイトル、ジャンル、出版年に関する質問はNG)
③主催者より順不同で参加者が持ってきた本を公開し、実際に手に取りながら、それぞれ誰が持ってきた本を推理する。
④本の持ち主がそれぞれ正解を発表し、一番多く正解した人の勝利!
となります。
しかし、ただ当て合うだけでは面白くないので、紹介される本がもっと読みたくなる小さな工夫が本番ではありますので、それは参加してみてのお楽しみ。

なお、持ってくる本はジャンル問わずなんでもOKです!また、著名な本でもマニアックな本でもどんな本でも構いません。
(ただ、ゲームの進行上、電子書籍はNGとさせていただいています。)
また、自分は「あまり読書しないから本に詳しくないのですが・・・」という方も安心してください。
ゲームの構成上、本を実際に手に取る場面も多々ありますのでその時間を活かして推理することができるので大丈夫です。
むしろ先入観がない分有利になることも・・・!

・新しい本との出会い方をしてみたい方
・普通じゃない読書会に参加してみたい方
・数年ぶりのブックポーカーに久々に参加したい方
・おすすめの本についてうまく紹介できるか不安な方 など

おすすめの本の話を語り合いたいという気持ちがある方であればどんな方でも大歓迎です!
読書会の参加経験の有無も問いません。
ぜひ一緒にブックポーカーを楽しんでみませんか。

たくさんのご参加お待ちしております!

※ブックポーカーとは?
もっとライトに、参加者同士が本をツールに楽しみながら交流を深められることができないか?
2013年にツブヤ大学さんが企画した「ブックポーカー」は、そんなことをコンセプトにしたゲームです。
プレイヤー同士が各自持参した本が何かを当て合うゲームで、参加者同士で会話しながら本に関する手がかりを探り、より多く正解できた人がゲームの勝者になります。

☆総合文芸雑誌『ダ・ヴィンチ 2017年2月号』(KADOKAWA)で「ええやん!朝活!読書会」が掲載されました!
過去の開催の雰囲気を知りたい方はこちらをクリック

*新型コロナウイルス感染症の5類感染症移行後の読書会開催方針については
下記に明記しておりますので参加前にご一読ください。
https://eeyanasakatsu.com/post-3331/

実施概要
【日時】
2024年2月17日(土)
9:50開場 10:00スタート 12:10終了予定

【参加費】
1,000円

【持ち物】
・おすすめしたい本2~3冊(電子書籍不可)
・筆記用具

【開催場所】
神保町駅付近のレンタルスペース
(申し込み完了時に別途メールでお知らせします。)

【参加方法】
下記のお申し込みフォームから参加申し込み承っております。
https://eeyanasakatsu.com/page-19/

【注意】
・会を通じてのビジネス・宗教勧誘等は他の参加者が不快に思うこともございますので、そのような目的での参加はご遠慮ください。もし他の参加者より問い合わせがありましたら朝活主催者ネットワーク等を通じて共有させていただく等の処置をとらせていただきます。

・運営を円滑に行い、参加される方に有意義な時間を過ごしていただくため、当日のドタキャン、連絡無しでの無断キャンセルされる方等最低限のマナーを守れない方は、次回以降のご参加をご遠慮頂く場合があります。

イベント情報

開催日時
2024/02/17(土) 10:00~12:15
開催場所
神保町のコワーキングスペース
主催者
にしやん
主催者の性別
男性
主催者の年代
30代

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから