【※中止・延期】哲学カフェ「エヴァンゲリオン」とは何なのか?~その思想を探る~【哲学×アニメ】

ギリシア哲学からアニメまで!哲学カフェ&読書会
日本アニメーション史を語る上で欠かすことの出来ない作品。

テレビシーズ「新世紀エヴァンゲリオン」(1995年)から、足掛け25年。

サブカルチャー界のみならず、社会現象にまでなった本作も、いよいよ2020年6月で「完結篇」公開です。

その公開直前ということで、この「エヴァンゲリオン」をテーマにした哲学カフェを開催致します。

「あら?生きて行こうと思えばどこだって天国になるわよ。
だって生きているんですもの。
幸せになるチャンスはどこにでもあるわ。」
(碇ユイ)

■ポイント
過去のあらゆるメディアのオマージュと暗喩で満ちた衒学的な作品世界。

果たしてそれは、庵野秀明が仕組んだ一大ペテンなのか?

壮大な一大SF巨編なのか?

メディアを使った自己啓発の実験場だったのか?

アニメーション史・SF史における位置付けや、その影響。

「14歳」に込められた意味。

「使徒」とは何だったのか?

「人類補完計画」の意味。

2020年6月の完結篇を目前にして、あらゆる側面を考察していきたいと思います。

■開催日時
※緊急事態宣言により両日とも中止します(延期)
2020年5月23日(土)17:00~19:00

2020年6月3日(水)19:00~20:50

(開場は開始時間の15分前です)

土曜日と水曜日の2回開催します。

同じテーマとなりますので、ご都合のよい会にご参加ください。

両方ご参加も歓迎します。

■開催場所
東京・池袋「がんばれ!子供村」

コミュニティスペース(2階)

■参加費
1,000円

■課題作品
「新世紀エヴァンゲリオン」テレビシリーズ、旧劇場版、新劇場版(序、破、Q)
※会での本作の上映はございません。

イベント情報

開催日時
2020/05/23(土) 17:00~19:00
開催場所
東京・池袋(豊島区雑司ケ谷3-12-9「がんばれ!子供村」ビル2階)
主催者の性別
男性
主催者の年代
30代

主催グループ

読書会の写真や過去のイベント情報などはこちらから